新人看護師 ミス やめたい

新人看護師 ミス 多い

 

萎縮してしまう毎日で、正直、ちゃんと仕事をこなすなんて、
もしかしたら無理なんじゃないかって考えるようになりました。

 

開き直るつもりはないのですが、
実際はそれが大部分を占めているのは事実です。

 

1人で落ち着いて行動出来れば、
私だって出来る事はいっぱいあります。

 

でも、急かされたり、上からガミガミ抑えつけられたり、
もちろん看護師の仕事に限らず、どんな仕事でもそうなのかも知れませんが、
テキパキと行動しなければいけないことは分かっていますが、
それにしても、本当に急かされなければ間に合わないとかという場面もたたあるように思います。

 

苦しい状況下で、マイペースで仕事が出来ないことは百も承知ですが、
私が次を考えるとしたら、怒られるのは当然としても、
少し落ち着いて仕事が出来る環境を探してみたいと思いました。

 

出来ることも出来なくなるような環境は、私にとって、我慢するとか、
そういう以前の問題のような気がしました。

 

同じ想いで今後の事を考えはじめた看護師さんは多いのではないでしょうか。

 

 

新人看護師 ミス やめたい 辛い感情を抑えながら…。

 

 

私の初めてのミスは、患者様に誤薬させた事ことでした。

 

軽い眠剤を飲んでいる人に、
きつい眠剤を飲ませてしまったことを今でも思い出すとゾッとします。

 

点滴して一晩血圧を測りしましたが、
幸い 大丈夫で本当に心から安心し、涙が止まらなかったことを、
今でも鮮明に覚い出すことがあります。

 

ミスをした方はもちろん悪い、
でもいつまでもその失敗を責められるような職場にはいるべきではないと自分自身感じました。
責められ続けると、自分自身も引きずってしまい、
抜け出そうとしても抜け出せず、は又次のミスを引き起こす原因になると思います。

 

精神状態をしっかり保つことができなければ、
また繰り返してしまう危険があります。

 

ミスを責め続けられる、無視される、精神的に追い詰められる。といったような悪循環を断ち切るために、
今後のことを一度冷静に考える時間が必要ではないでしょうか。

 

自分自身を責め続けることのない落ち着いた職場を、
いずれ考えるべき時がくるのではないでしょうか。

 

少し冷静に状況を観察した上での決断が必要かと思います。

 

 

 

下記の時間帯より、お電話で詳細を確認したうえ、

ご相談していただくことも可能です。

 

通話料無料 受付/9:30〜21:00(土日祝除く)

 

お電話番号などの詳細についてはコチラをご確認ください。

 

新人看護師辞めたい 辛い

新人看護師 ミス